推しがいる生活

Snow Man 箱推しファンによる日々の感想です

佐久間君の書く文章について

今日は溢れる気持ちが抑えられず、勢いで書いてます!

Snow Man 9人がそれぞれひと月に一度ずつ持ち回りで書いてくれる「すの日常」。

まだ未登録の方はぜひメンバーになって読んでください。ひと月たった 300 円で、ジャニーズ事務所メンバーの公式ブログが読み放題です!誰のどのチームのファンでも絶対損はしません。本当にお勧めです。

私は自分でも文章書くの好きな方で(書くのが苦だった経験がほぼ無い)、他の人の書く何気ない文章にも結構いろんなことを考えるたちです。そして今日(2020年11月18日)の彼のブログを読んで強く思うのは、さっくんの文章はもっと多くの人に読んで貰いたい。このままでは勿体なすぎる!」ということ。

さっくんと言えば「華麗で人を魅了するダイナミックなダンス」「他担狩りのプロ」と、パフォーマンスで言及されることが多い人なのに、ここで取り上げるのはまさかの「文章力」(笑)です。

 

長くなるので、もしお時間があるようでしたらお読みください。

続きを読む

Snow Man デビュー配信 個人的感想

2020年10月22日(木)から25日(日)までの 4 日間に行われた、Snow Man Asia Tour 2D.2D. について、個人的な感想です。

 在宅勤務で比較的時間に余裕はあるとはいえ、個人としての生活もあるので自身は 1 日 1 回に限定し、計 4 回の参戦でした。

  • 10/22(木) 18:30 初日
  • 10/23(金) 15:00
  • 10/24(土) 11:30
  • 10/25(日) 18:30 オーラス

実際のコンサートには 2020 年 3 月分に当選していたものの、そのあとの再抽選で落選していて全く見られない可能性もあったので、複数回見られるというだけで本当にありがたかった。

時間は 2 時間以上あったのはオーラス回ぐらいで、サプライズのあった初回ですら 1 時間 55 分ぐらいで終わっていたような…? 何か時間制限があったのかな。アンコールも一切なかったし。まぁ、1 日 3 公演もすることを考えると正直アンコールは無理だったか。そもそも配信でアンコールってあり得ないのかな?

セトリにはユニットで披露する曲がなかったから、常に 9 人出ずっぱりなのが本当にハードだったろうなーと思う。お着換えのタイミングにも苦慮しただろうとけど、そこは映像を駆使してうまくカバーしてて、でもやっぱりバックステージでは着替えるだけでもすっごく大変だったろうなって。実際舘様は一度上着間に合わなかったことがあったみたい。(本人というより、衣装さん側の問題?)

いずれにしても、本当にみんな体力お化けですね。

ただ、しょぴさんはオーラス倒れそうになってるのが心配でした。らうちゃんも「皮がむけてぼろぼろ」みたいにちょっと弱音はいてたね。それはとっても気の毒で心配なんだけど、何も言わない先輩達(兄ず)と違って本音を言えるところが初々しいしカワイイ。

初日はとにかく「え、ここでこの曲!?」「こんな衣装なんだ!素敵~」とか初めて観ることに驚くうちに終わった、という感じで、個々の細かいことを理解するのは 3 回目以降ぐらいだったかな。なので下記には初めて観てびっくりしたことも、4 回見終わってからわかったことも、ぐちょぐちょに書いてあるのでご了承を。1 回観ただけじゃ絶対全然覚えられないし、何が起きているのか把握できないことを実感しました(笑)。

 

私はほかには嵐さんのコンサートしかちゃんと見たことがないし、いわゆるデビューコンサートを観るのは初めてなので比較すること自体もまちがっているかもだけれど、今回一切先輩の曲が入っていなかったのはやっぱりすごいことだと思った。

ただ、ユニット曲とか大好きなので、今後のコンサートとかアルバムではぜひ入れて欲しいな。Man In The Show のときの、なべこじ、あべさく、いわめめとかのユニット曲最高だったから、また観たい~。

 

人生でただ一度しかないデビューコンサートが配信オンリーになってしまって、彼らにファンの歓声や熱量を届けられなかったこと、彼らがファンとの交流なしのコンサートを開催しなければならなかったことが本当にかわいそうに思います。

一方で、コンサートのチケットはすでにものすごく需要過多で争奪戦だったのも事実で、「観たい人が観たいだけ参戦可能」だった今回のコンサートは、悪いことばかりではなかったのかもしれない。それについ最近 KISSIN がきっかけですのに興味が出た人が思い立って配信をみてくれたかもしれず、「禍福は糾える縄の如し」とはよく言ったものだと感じる。普通のコンサートなら当落がとっくに出てて、ファンになった途端にコンサート行くって多分ほぼほぼ無理だから。

1 回のチケット代が普通のコンサートより安かったのも、学生さんとかにとってはありがたかったのではないかとも思いました。

 

DVD 発売決定だそうで本当に嬉しい! 絶対買うけど Blu-ray も出してください!サードCD 発売決定おめでとう!すかさず 3 形態予約済み。それスノ特番元日全国放送おめでとう! 

では以下はネタバレばかりなので嫌な方は読まないでください。

全部参戦した人のかなり細かいレポートなども上がっているので、ここでは将来の自分のために、コンサートの流れと個人的に思ったことだけ箇条書きにしておきます。

続きを読む

Snow Man デビュー配信覚書とか情報とか

2020年10月22日(木)から25日(日)までの 4 日間に行われた、Snow Man Asia Tour 2D.2D. の覚書です。

 

自分が参戦した回はメモがあるので比較的詳しく書けますが、それ以外の情報もネット見つけたニュアンス(そのままでなく)をここにまとめておこうと思います。

 

私自身の参戦回

  • 10/22 18:30 初日
  • 10/23 15:00
  • 10/24 11:30
  • 10/25 18:30 オーラス

最初の 2 回は興奮していてレポート書けなかったので、詳しくは 10/24 の回の部分で書いてます。

 

この後すごいネタバレなので、嫌な人は読まないでください。

 

続きを読む

メンバーそれぞれの歌唱について考える

セカンドシングル『KISSIN' MY LIPS / Stories』の発売が発表になり、通常版のカップリング曲2曲もラジオでオンエアされました。avex さんの公式サイトでも視聴できますね。

https://avex.jp/snowman/discography/detail.php?c=single&id=1017526

 

10月7日に音源を手にしフルで聴けるまでが待ち遠しいですが、4曲それぞれが特徴がありバラエティー豊か。ファンを喜ばせようとしてくれている感がビシビシ伝わってきます。

カップリング曲は映像では披露されていないので歌割りについてわからない部分もあるけど、ソロ部分では誰なのかはっきりわかる個所もあり、声からどんな歌唱なのかを想像するだけでも楽しいです。

滝沢歌舞伎ZEROでも色々な歌を披露してくれているので、セカンドシングルに入る4曲と歌舞伎の楽曲をメインに、それぞれの歌唱についてこれまで感じたことを書いておきます。

 

ひーくんはいつも、歌い出しとかサビとか曲の肝という重要個所で、確実にピリッと締めてくれる。声は低め、でもすごく綺麗でかつ自然と醸し出される色気と華があって、さすが「うちのエース」だなといつも実感します。『ひらりと桜』の「月明り照らす夜に狂い咲く桜」のソロ、『With Love』の冒頭、『D.D.』 の「My heart has no rule」、『KISSIN' MY LIPS』の「Everyone be saying 'Slow Down'」の部分など、彼の歌のうまさと美声を堪能できて大好き。ひーくんの歌ってとにかく心に染みる。

 

同様に男性の色気を感じる声なのがふっかさん。シングル曲では歌割り控えめなのであまり気が付かなかったんだけど、私は滝沢歌舞伎の『Maybe』で、とにかく彼の声にやられました。「(どこかでずっと願っていた想いを)君がかなえてくれたのか、必然の奇跡か」の部分が特に秀逸。彼の年齢でこそのこの色気、さすがです。多分ここ、ふっかさんの音域にドンピシャなのもあるのかな。彼の美声聞きたさに何度もヘッドフォンでリピートしてしまいます。あと『Stories』2番冒頭「ふりかえればそう、いつでもそばで勇気くれた(かけがえない仲間たちの笑顔)」をふっかさんが歌ってくれたの、胸が熱くなります。

 

『Maybe』はとにかくあべふかの掛け合いとハモリが素晴らしいのですが、阿部ちゃんの温かみのある声も長くソロで聴けるからすごくうれしい。ソロ部分少ない人なので特に。シングル曲などでは重要なところで下ハモしていることが多いけど、それぞれの楽曲のクオリティが高いのはこの安定した阿部ちゃんのハモリが大いに寄与していると思っています。ソロで歌った素顔4の『ドラマ』もひたすら可愛かった~。(その上あべさくがエモくて最高すぎる。)ブラックアベベも大好きなので、彼の『Taboo』が一度でいいから聴きたいと切望中。

 

しょっぴーはいよいよ声に磨きがかかってきて素晴らしいですよね~。『ファンターナモーレ』の出だしとサビ最後の高音のフェイクが、ゾクッとするほど格好いいです!そのくせ『君の彼氏になりたい。』では、楽しそうに「無理無理無理~」って歌ってくれているんだろうなー。声に個性があるからどんな歌でも彼担当部分が明確にわかるのも、メインボーカルとして彼が持つアドバンテージの一つ。とにかく唯一無二の声の持ち主なので、彼のイケボが Snow Man の楽曲の個性になりつつあるのが尊いです。願わくば彼の喉に負担がかかりすぎませんように。

 

声に個性があるのはこーじ君も同じで、すごく甘くて癖のある声音ですぐわかる。しょっぴーとのデュエット『ディア・ハイヒール』のパフォーマンスは永久保存版ですよね。楽曲ではしょっぴー担当個所と同じ部分を歌うことも多々あり、歌が非常に上手くかつ観客を魅了する高スキルの人だと思います。『Stories』の2番のソロ「少しも色あせずこの胸に輝いている」の部分、歌うの難しいと思うのにさらっとこなしている感じが恰好いい。あとは『Cry Out』のスーパーこーじタイム「溢れだす Feeling 月が満ちるほど Delight」も彼の魅力満載なのですが、そのちょっと前の「Groove なダンジョン攻め込め」も良き。彼の声と歌唱が加わったことによって、Snow Man の曲に深みがとても増したと思います。

 

さっくんの場合は、高い演技力と技術で結構いろんな声が出せちゃうじゃないですか。色気マシマシの声とかラップ時の太い声とか、きっと求められるとすぐその通り歌えちゃう器用さがある人なんですよね。だから逆に、素で歌っている感じの歌唱が素敵だなって気づきました。『Snow World』2番のソロ、「いっしょに描こう輝く物語」と、『Stories』の「確かにあると今は信じられる」の彼の声がすごくナチュラルで大好き。もちろん『KISSIN' MY LIPS』のスーパーいわふかタイムもエッジが効いてて大人な佐久間君を魅せてくれて素晴らしい。あと、あのとき生ライブだったからこその、一人で全部のラップを担当した殺気だったパフォーマンスも超絶恰好良かった!!! そうなった経緯に関し複雑ではあるけど、あれは多分本当に忘れられない人が多いのでは。

 

めめの声は低めで渋くて柔らかくて、なめらかなビロードみたい。『D.D.』の「閉ざされた扉へ Closer」のとか『KISSIN' MY LIPS』の「Don't care who you use to be」部分のちょっとささやくような声の出し方、めめ担以外の人でも簡単に落ちちゃいそうなほど素敵です。このやさしい発声は歌舞伎の『With Love』冒頭ソロ部分「足跡はどこまでも続いていく」でも堪能できます。あと『Snow World』2番の彼のソロ「遥か彼方めざして」は、最初「ここはひーくん?」と思っていたほど声質が似ていて、二人の声の親和性がわかった気がしました。めめの下ハモも信頼感と安心感があって好き。あとらじらーで生披露した尾崎豊氏の「I Love You」超絶甘くて素敵でした!

 

舘様は、いつ聴いてもどの曲でも安定して「ロイヤル舘様」のままなのが突き抜けてていいなと思っていたのですが、最新の『君の彼氏になりたい。』では「俺の彼女になるつもりなの」がいつもと違う感じで、舘様もわかってわざと、面白くなっちゃいそうなところギリギリを攻めている、あるいは十分面白がってやっているんじゃないかと。彼のちょっとコミカルな部分が強調されている気がして楽しかったです。実はかなりお茶目な舘様が垣間見える貴重な楽曲ですね。

 

らうちゃんは、素顔4の時からどれを聴いても声が少しずつ変化していて、これこそ彼の今の年齢だからこその不安定さ、新鮮さ、初々しさだなと思います。彼が15歳だったときの歌唱はもう二度と聴けないけど、これからどんな風に大人の男性の声になっていくのかを聴かせてもらえるのがものすごく楽しみ。それと共に、『With Love』のソロの堂々としたパフォーマンスには驚愕。初めての舞台、初めての芝居、初めての主演とはとても思えないオーラが出てました。滝沢君が彼と彼の才能を見出してくれて、彼の才能を最大限に伸ばしてくれる Snow Man に加入させてくれて、そして彼自身も加入する決心をしてくれて、心底ありがたいとつくづく感じます。

 

今思うのは、早くファーストアルバムも聴かせてほしいってこと。6人時代のも含め、デビュー前のオリジナル曲も全部網羅してもらえたら本当にうれしいけど、無理なのかしら。

ここにきて、6人だろうが9人だろうが Snow Man であることに変わりはないって本気で思えるので。6人の頃があってこその今の9人の Snow Man なのは変えようがなく、今となってはそこに何らわだかまりを感じる必要すらもう全くない、そう実感させてくれる彼らのグループとしての完成美、完璧さがあると思います。

 

セカンドシングルも絶対ミリオンにしようね! 

滝沢歌舞伎ZERO - ど素人によるどうでもいい感想

遅ればせながら、滝沢歌舞伎ZERO の Blu-ray 盤を鑑賞しました。もちろん本番は観に行ったことがありません。また残念ながら初回盤は入手しておらず、限定映像は観られていません。

実は先にすのチューブにアップされていたこちらを観てしまっていました。


Snow Man「滝沢歌舞伎ZERO」発売記念!ベストシーンはどこ?

 

Ride On Time も全部見たので少々知識はあったものの「滝沢歌舞伎」という舞台そのものを観るのが生まれて初めてでもあり、メインとなるいくつかのシーンを事前に見せてもらったこの時は、「うーん、とにかくなんでもあり、ってことなの?ね?」と混乱しました。

そして本編を全部見終わった後の感想も、これとあまり変わらず。何が起きているか理解できず、ポカーンとしちゃうところもあったりして(笑)。

私は舞台には全く明るくなくこれまでにあまり観たことがないのですが、第一部の構成は以前観たことのあるラスベガスのショー(レビュー系)に一番似ている気がしました。

ファンとしては Snow Man さんが出ているだけで嬉しいことに変わりはないので、充分すぎるほど楽しかったです。

下記印象に残った演目の感想ですがネタバレになります。

 

続きを読む

「記憶捜査 新宿東署事件ファイル」- 2020/07/27 放送

以前さっくんについて熱く語ったのですが、そして現在も多々更新されたさっくんについてはまだまだ語りたいことがあるのですが、今回はリアコ枠のふっかさんについて語ります。

 

7月27日(月)にテレビ東京系で放送された「記憶捜査 新宿東署事件ファイル」にふっかさんがゲスト出演していたので、とっても楽しみにしていました。

 

続きを読む

それスノ「イケボ対決」回 - 2020/07/24

それスノは「それ Snow Man だとおいくらですか」のシリーズが終わって、今は「それ Snow Man だと誰が向いていますか」シリーズになってます。この両者は結局ひーくん不在のままなので、この次のシリーズが早く始まらないかな、と思ってます…。

 

が、やはり毎回とても面白い。7月24日配信分は設定に合わせてアテレコする、しかも「胸キュンセリフ」も自分で考えるという、メンバーの個性がより際立つお題だったのが本当によかった。

そして個々のメンバーの本質的な部分を垣間見ることができた気がして非常に興味深かったです。

この後ネタバレがあります。

 

続きを読む

5月~7月のまとめ

久しぶりの投稿です。7月1日にひーくん復帰が発表されるまで、なんとなくブログを書く気持ちにならずにいて、そのままになっていました。

6/21(日)の Johnny's World Happy Live with YOU の Day6 も視聴しましたが、ひーくん無しのパフォーマンスはやっぱり観るのが辛かった。色々な気持ちはあるのですが、詳しくは書かないほうがいい気がします。

ただ一点だけ。Cry Out でさっくんと阿部ちゃんがひーくんのラップをカバーした個所は、ものすごく感動しました。阿部ちゃん、普段ラップはしないあなたが、ひーくんのラップをそのまま再現してくれていて、その努力と気持ちに胸が熱くなりました。本当にありがとう。

 

この3か月ほどの blog 放置中にも Snow World は凄いことになっているんですが、すでに記憶があいまいになってきて良く覚えていません…。Twitter ではずっと活動していたけど、時系列に考える、ってことがないので。Twitter と Blog ってやっぱりすごく違う媒体だなと今更実感してます。でも、だからこそ本当は、定期的に Blog に記事を書いておかないといけないな、とも思います。

 

続きを読む

メンバーのメンバーによるトリセツ - ViVi 2020年2月号

これ 2020/01 に公開されていたらしいけど、今頃知って読んだのでまとめておきます。

www.vivi.tv

 

それぞれにつけられたキャッチコピーが秀逸。たださっくんのだけはちょっと愛が足りない、って気がする。さっくんは根明じゃないし…(陰キャだって知ってるのはコアなファンだけ?)。

 

ふっか: 物真似と仕切りと自虐の達人、頼れる最強兄貴

さっくん: 根明のクレイジー・アクロバット

しょっぴー: 無敵のビューティボイス&スキン

舘様: 白馬に乗った“ロイヤル侍”、芸事に品格を添えて

ひーくん: 令和に舞い降りた“踊るギリシャ彫刻”は超甘党

阿部ちゃん: 知性と可愛さを操るスイート・インテリジェンス

コージ君: 笑い、癒し、刺激。愛を振りまく万能アイドル

めめ: 天才と天然が同居する、エロティック・サバイバー

らう: 破格のスケール、世界を翔ける翼を持ったダンサー

 

ひーくんの「踊るギリシャ彫刻」はツボりました(笑)。さすがです。

 

続きを読む

正解はラウール

らうちゃんが27日のスノ日で「いろいろ撮ったからたのしみにしててね」と予告してくれていた通り、水曜日の昨日新しい YouTube が公開されました~。

 


Snow Man「クイズ!正解はラウール」メンバー愛に溺れる!

 

今回は、前回のしりとりに比べると笑い要素は半減? でも兄ズのラウール愛ががっつり伝わってきて、ほっこりした良い回でした。

そして MVP は何といっても「なべさく」です!

 

続きを読む